日々雑録

ブツネタ470「奥ゆかしいヌグイ截金」

2021/09/20(月) ブツネタ

 

今年は色々とハードルの高いお仕事のご依頼が重なりました。

 

そのひとつ。

「ヌグイに截金」

 

ヌグイとは、漆箔のお木仏において肌の部分に用いられる工法で、

金箔を押した上から、金粉を蒔くというもの。

金箔の層の上に、さらに金粉が乗るわけです。

そんな上等な仕上げに、さらに截金を施すという最上のさらに上の仕上げです。

 

「ヌグイに截金」は、前々から関心のあった工法でしたが、

リスクを考えるあまり、怖気づいておりました。

 

 

詳しくは、仕上がった際に改めてご紹介いたしますが、現状報告報告を致しますと、

このような状態。

 

まず、袖内側の筆の入らないところに截金を施しました。

何とも綺麗☆   前にぐいぐい誇張する感じがなく、上品で繊細。

 

金の上に金ですから、木地や彩色の上への截金のように主張ないですが、

艶の消えた金粉の上に、艶のある金箔のコントラストは驚く程の奥ゆかしさがあります。

 

 

このあとは、肩を接合し、

通常の漆箔仕上げの仏像と同様の順序で、下地・漆と金箔・金粉を仕上げていきます。

 

ここには書きませんが、いろいろとリスクがあって、

易々と取り入れられる訳ではありませんが、

今後も機会があれば、やってみたいなと思っています。

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全97ページ中)

ページトップへ