日々雑録

ブツネタ468「須弥壇の納入完了★」

2021/07/28(水) ブツネタ

 

前回に搬入について熱く語らせて頂きました。

 

2階にさえ上げれば、その後は人数さえいれば何とかなります。

 

少しでも軽くしようと、上下框の錺金具は打たずに運び込んで、

現場にて金具打ち。

 

 

それが済めば、下から順に重ねていきます。

 

 

 天板までを重ねれば、内側から上下框を固定し、

中心に須弥壇を安置すれば、

最後に高欄を付けて完了です。

 

 

 

 

唐様須弥壇

正面三間造り 框幅10尺5寸

格狭間に宝相華唐草彫刻入り

総蝋色研ぎ出し仕上げ 部分石目肌変わり塗り研ぎ出し仕上げ

銅地毛彫り本金メッキ金具打ち

 

蝋色の鏡面と、マットな石目肌のコントラストが良い感じで仕上げられました。

箔彩色の彫刻も良いアクセントになったと思います。

 

そもそもの木地の造り、バランス。

そして、漆塗り以降の加飾による全体の調和。

これら全てが足を引っ張ることなく、お互いを引き立て合えれば良い品が完成します。

 

良き仕事、良き職人に恵まれました。感謝。

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全97ページ中)

ページトップへ