日々雑録

☆彫りあがりました★73「須弥壇格狭間の宝相華」

2020/07/09(木) 彫りあがりました



彫り上がりました。




さて、今回は、ブツネタ449でご紹介した須弥壇の彫刻です。




こちらの須弥壇の格狭間に入る‟宝相華唐草”の彫刻。






正面が三間、脇が一間造りで、合計5枚。








10尺強の大きな須弥壇ですが、



この彫刻は、おおきなアクセントとなり、見せ場の一つにもなります。






図面は3種類ほど描いたうえで、今回選択したのがこちら。








糸のこ盤に乗せた状態ですが。


透かしの空間を出来るだけ多く取れて動きのある図としました。













シンメトリーで、彫りの強度も考慮し、華も5つ表現できていて



バランス良い彫りが彫り上がりました。






このあとは、下地、漆を塗り上げた後、金箔を押し、


金箔の上から淡く彩色を施す予定です。




存在感のある、須弥壇のグレードを上げる彫りに仕上げたいと思います。


記事一覧

1ページ (全94ページ中)

ページトップへ