日々雑録

★合掌★手をあわそ⑳「改造修理してご本尊を継承★」

2015/08/23(日) 合掌手をあわそ





今日も無事に1日を過ごすことが出来ました。


日々感謝、ご先祖様にも感謝です。


そんな思いを込めて、ご本尊、お仏壇に手を合わせましょう。




さて、今回は、


ご実家から息子様宅にお仏壇を移動されるお話。



ただし、ご実家は仕込み仏壇(造り付け)で、身丈立像8寸のご本尊が祀られており、

息子様宅には間口の狭い地袋付きの仏間がございました。







また、ご実家のお仏壇には江戸年間からのお位牌が何基もありまして、

50年以上経過している位牌につきましては、

この度先祖代々位牌を新誂させて頂き、整理することになりました。




さて、問題はご本尊。

少し規格外のお仏間には、戸幅1尺6寸のお仏壇を納入することになり、

戸幅1尺6寸のお仏壇であれば、立像5寸もしくは6寸位のご本尊が無難な中、

立像8寸の既存のご本尊が、いかに格好良く納めることが出来るか・・。

選択肢の中に、ご本尊を替える等という駄案はありません。



さて、どうするか。

まずは、仏さんの現状を把握するところから・・。













まず、パッと見て気づくことは、

仏さんに対して台座が小さいです。 6寸用くらいでしょうか。

蓮台は、踏み割り蓮華ですが、蓮弁は全て亡失。

敷茄子の下に獅子が連続で配置。
普通ならあり得ないので、数段亡失していることもわかります。


また、光背は概ね8寸用に作られていますので、

台座と光背は別物だということがわかります。

作風もそうですが、蓮台に無理矢理、光背を釘で留めてあることから、

台座と光背の作り手が違うのがわかります。




一方阿弥陀さん本体を見ても、明らかに両手が後補です。





右手とj左手共に後補ですが、

それでも同じ時期に作り直された訳ではなさそうです。

左手は素人感がより強いです・・。



修理内容は、ご本尊に関しては、基本現状のままとし、

両手のみ取り替えることにしました。



台座・光背は、

既存台座は使用せず、仏壇内に納まるように、

低く、かなり低く、それでいて格好が付く台座に作り替えることにしました。





また、光背は、

既存分を修理・改造し、再利用することにしました。



台座の木地。

反花(かえりはな)と框(かまち)のみ。

しかもかなり薄めです。










反花を彫り上げ、

光背は下地を落として木地の状態に戻し、

光芒(針)は使用せず、輪光と八葉のみを残し改造。







反花は白地を、蕊(しべ)には漆塗り。


段数の少ない台座なので、少々存在感が出るように

反花は彩色することにしました。







両手は桧材で新補。

既存分の手は、お焚き上げをして処分いたします。





新補した手は古色を施し、

台座と光背は金箔及び彩色を施し完成に至りました。


反花には岩絵具の緑青を蒔き、先を青く暈し、

その上から金の筋を描くのですが、

今回低予算に関わらず、少しでも良いものをと、

截金(きりかね)で金のラインを表現しました。








超略式の台座ではありますが、

岩彩色&截金のおかげで、重みが増しました。

框の面朱も正解でした。












そして実際に、仏間内に仏壇を安置し、

お仏壇内にご本尊をお祀りすると・・・








お仏壇に対して、ご本尊は確かに大きいかもしれませんが、

台座を別型に取替え、光背を改造することで、きれいに納めることが出来ました。


仏像を残し伝えること。

これは最初からぶれることなく、お話を進めてまいりました。



伝え残すべきものは、どのようにして受け継がせるか。



例えば、こんな鉦吾にしても、

京都製のものでしっかりしていて、まだまだ使って頂けるものですし、

撞木も、今の安価な普及品よりもしっかりしたものですから・・・










鉦吾は磨きなおし、

撞木は房を正絹で作り直し、また大事に使って頂くのが良いと。



お祖父さんやお祖母さんもこの仏具を使ってられて、

次の次の代になっても、その仏具をお使いになられる。


そんなお仏壇、お仏具、そしてご本尊を製作し納めさせて頂くと考えたら、

テンションが上ります・・・。


現在深夜1時過ぎ、テンションが上りすぎて眠れません・・。







記事一覧|2015年08月

ページトップへ