日々雑録

仏像修理の話90『箔彩色の衣を着た地蔵菩薩像の修復』

2022/05/26(木) 仏像修理の話

 

素晴らしい彫刻がされた地蔵菩薩像が

修復で弊社工房にやってこられました。

 

 

前向きに倒れたのか、両手、鼻、唇、瞼の欠損が痛々しい。。

 

宝珠を持つ右手が前に差しだすのでなく、

腹前で宝珠を大事に持つ感じが特徴的で格好良いです。

 

それにしても、衣の彩色レベルが高いです☆

金箔の上から細かな文様が詰められています。

 

 

 

調査を済ませた後は、

水に浸けて修復開始です。

 

 

地道に丁寧に下地を除去していきます。

 

 

そして、下地除去、解体後。

しかし、惚れ惚れする彫りです。

材も桧の良材が使われています。

 

良い彫刻の場合は、良い材料が使われていることが多くて、下地なんかも丁寧。

 

水に浸けて下地を除去するわけですので

洗いざらい、過去のお仕事を見ることが出来るわけです。

 

良き仕事を見て勉強できることは非常に有難いことですし、

私どもも恥ずかしくない仕事をせねば、と肝に銘じてお仕事しております。

 

 

さて、こちらが木地修理後です。

 

 

錫杖は亡失しておりましたので新誂。

 

お肌部分は、黒く変色していますが、これは漆を摺りこんだ痕。

衣は金箔押しのために漆を塗りますが、

肌は白く色を塗るので、胡粉下地となりますが、

強度面を考慮して、胡粉下地の前に漆を摺り込んだということです。

 

そのことからも、しっかり考えて製作されていることがわかります。

 

 

 

こちらは、下地及び漆塗りが完了した段階。

 

衣に金箔を押して、彩色の工程に移ります。

 

 

胸飾りは保存状態が良く

一部を補足し、メッキ替えをして、繋ぎ替え。

(画像がノイズが入ってしまいました)

 

 

そして彩色完成後です。

 

なかなか珍しい箔彩色の衣を着た地蔵菩薩像のご修復でした。

ご縁に感謝。

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全99ページ中)

ページトップへ