日々雑録

ブツネタ473「オリジナル七高僧掛軸」

2021/11/24(水) ブツネタ

 

高僧掛軸の製作のご依頼を頂きました。

 

七高僧とは、真宗(浄土真宗)で、釈尊から親鸞に至るまでの間に本願念仏の教えを開顕した7人で、

親鸞聖人が尊敬されているインド(龍樹・世親)、

中国(曇鸞、道綽、善導)、日本(源信、源空)の7人の高僧のこと。

 

 

一般的な七高僧掛軸は、

印刷はともかく、手描きであっても量産できるように構図が決まっています。

 

今回のお仕事では、お客様のご意向を取り入れ、下絵からのオリジナルです。

 

 

 普及品と大きく異なるのは、各高僧が2,3割大きいということ。

 

本紙に対して7躯の高僧を描くにあたり、

バランスよく配置させるのに、中国の高僧3躯が重なる配置としました。

数回の修正を経て、完成した下絵がこちら。

 

 

大きく描くことで、表情を豊かに描くことができ、細部においても、より文様を描くことができます。

 そもそも、存在感が増します。

 

 

製作寸法は、軸総丈180㎝。 一貫代の大きさ。

本紙は絹本。

 

枠に絵絹を張り、先にベージュの背景を塗り、

下絵を写し、色を入れていきます。

 

 

 

 

ご猶予は十分に頂けたので、じっくりと腰を据えて製作させて頂けました。

 

 

 

仏画が完成すれば、次は表具師の手に渡ります。

 

 

表装は本表装(手表装)。 修理が可能な伝統的な工法です。

裂は、本金の照金をお選びいただきましたので、

何種類かご提案をさせて頂きました。

 

大谷派でしたので以下の4種の中から

 

 

 

 

 

こちらの高台寺牡丹をお選びいただきました。

 

 

表具師さんの工房にて。

 

 

そして完成がこちら。

 

七高僧のオリジナル

稀有なお仕事で、大変勉強になりました。

ご縁に感謝。 ありがとうございました。

 

 

 

記事一覧

1ページ (全98ページ中)

ページトップへ