日々雑録

ブツネタ472「総蝋色で極細の脇机」

2021/11/20(土) ブツネタ

 

大壇の修理をご依頼頂く中で、

既存分とは寸法と形状の違う脇机新誂のご依頼を頂きました。

 

 

その図面がこちら。

 

密教系の寺院でよく見られる、線の細い造り。

個人的に好きな造りでもあります。

 

上下の框(天板と地板)に柱が6本。

その内内に格狭間が6枚入るわけですが、

その四方(上下左右)にミゾを作り、格狭間を固定します。

 

 

 

柱はともかく、上下の框にミゾを設けると、

余計な下地や塗りの始末(除去)は結構手間が掛かります。

 

繊細な造りは、余計なものを取り去ったようで空間がとっても素敵です。

 

そして、とっても軽量。

そんな造りだからこそ、塗りは極上で。

 

弊社の蝋色は最上。

この写りこみを見れば一目瞭然です。

 

 

 

内部も、そして天板のあげうらまで。

本当の総蝋色です。

 

 

シンプルで余計なものを削ぎ落とした形状だからこそ

相応の仕上げが必要になると実感しました。

 

今度は、密壇作りたいですね。

記事一覧

1ページ (全98ページ中)

ページトップへ