日々雑録

ブツネタ493「楓の寺号表札の製作」

2024/05/10(金) ブツネタ

 

寺号表札のご依頼を頂きました。

 

時折、表札のご依頼を頂きます。

ブツネタ438「寺号表札の製作」

 

今回は、表札としては大きめでしょうか。

表札の色が焼けてしまったのもあるかと思いますが、字が小さくてわかりにくい、ということで

 

 

これくらいの大きさで新しい表札を製作することになりました。

 

 

800×250㎜ 

なかなか大きな表札になります。

 

尾州桧となると、1枚板で厳しかったのですが、

楓(かえで)で きれいな1枚板が用意できたので、

楓で製作をさせて頂くことになりました。

 

 

 

白くて絹のような光沢のある美しい木であり、耐久性もある。

表札にはうってつけの材になります。

 

 

台風の被害の多い地域なので、

蟻桟3つでしっかり固定、

万が一の時には取り外しが出来るような構造です。

 

 

板のサイズに合わせて、ご用意頂いた文字を配置して、

 

手彫りの文字彫刻。

桧に比べて、楓は硬い木になります。

 

 

 

文字彫刻後の処理ですが、

表面処理をした後、文字の部分に黒漆を塗ります。

 

 

木地の素地色を活かしながら、

文字部分だけに漆を塗るのは、結構難しいお仕事になります。

 

完成して取り付けた写真がこちら。

 

 

楓の木地の光沢と、

黒漆の艶感が良い感じです。

 

ご縁に感謝。

 

記事一覧

1ページ (全101ページ中)

ページトップへ