日々雑録

ブツネタ452「珍しい椅像での製作」

2020/11/08(日) ブツネタ

 

先日、製作を開始しました。

 

弊社のルーツが仏師だったこともあり、

これまで多くの仏像を製作させて頂きましたが、弊社ではおそらくお初です。

 

京都では、六道さんでお馴染みの六道珍皇寺像や、

大山崎の通称宝寺、宝積寺像が有名なお像です。どちらも、見仏させて頂きました。

あと、奈良の百毫寺像も見仏しました。

この3躯は非常によく出来た像で、その迫力は圧巻です。

 

もうおわかりでしょう。今回製作させて頂くのは閻魔像です。

 

先に挙げた閻魔像は、私の中で正統派でして、

実は今回製作させた頂く閻魔さんは、上記の正統派タイプではなく、

大和郡山市・矢田寺の閻魔像を参考に製作することになりました。

 

仏像彫刻

 

粗彫りでもお顔は、閻魔さんの雰囲気が出てきています。

 

さて、この矢田寺式の閻魔さん。

正統派の閻魔さんと大きく違うのは、大きく口を開けていないところ。

閻魔さんといえば、かなり怒っている憤怒の表情をされていますが、

矢田寺像は表情こそ厳しめながら、そこまで怒っておられるようには見えません。

その真意こそわかりませんが、それはそれで恐く感じます。

 

座り方にも特徴があります。

正統派は半跏趺坐ですが、矢田寺像は椅子に腰かける椅像。

半跏趺で座ると像の幅も広くなり、存在感も増すのでより迫力が出るように思います。

 

とはいえ、あくまでモデルは矢田寺像ですが、

そこからアレンジを加え、オリジナル像を製作いたします。

そして今回は木地彩色仕上げながら、玉眼を入れることとなりました。

 

閻魔

 

どのような閻魔像が仕上がるのでしょうか。

 

記事一覧

1ページ (全96ページ中)

ページトップへ