京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ422「RRS/リボーンロイロSP(仮)」

2018年04月14日(土)


仏具の修復におきまして、正当な(まともな)やり方でやる以上は、

どうしても予算がかさんできます。


弊社は卸業を主としておりますので、

基本、良心的な価格だと自負しておりますが、


代替の工法、天然材料でない工法と比較されると
どうしても値段では太刀打ちが出来ません。


そんななか、


たとえば、解体後の写真にはなりますが、
こんな状態の経机があったとします。








天板が一番わかりやすいでしょうか、

白くぼけた感じで、部分的にカビが発生しています。

製作後20〜30年経過している漆塗りの仏具では、

塗面が白く呆けてしまっているものも少なくありません。


多くの場合は、

コンパウンドで磨いて艶出しをすることが多いように思います。

コンパウンドで磨けば、きれいになりますが、研磨剤ですので、



ごく僅かでも漆の塗り面を削っていることになります。



最近、弊社で推進しているのが、

リボーンロイロスペシャル(仮)


リバースロイロスペシャルではありません。




艶が生まれ変わる、蝋色師による、特別仕上げ

リボーン、ロイロ、スペシャル

あくまで仮の名称です。


蝋色師が既存の塗面の状態から、蝋色工程を行います。

生漆を何度も塗面に吸わせて、漆の艶を蘇らせます。



ということで、



こちらの経机は、RRS(リボーンロイロスペシャル)と錺金具のメッキ替え。


工程としてはこの2工程による修理を行いました。




こちらが修理後になります。















写真では判りづらいのですが、

コンパウンドでただ磨くのとは、大きく異なり、
漆の膜(層)によってコーティングされたのが大きな違いです。

ただ、どのような状態でもこの
RRS(リボーンロイロスペシャル)が
適用できるかというとそうではなく、


既存の仏具の現状を見た上で、有効なのか、それとも不向きなのかという見極めが必要になります。


我々にとっては、様々な引き出しが必要です。

写真を紛失してしまい、ご紹介するのが遅くなりましたが、

この経机以外にも複数件をRRSにて仕上げてもらっています。

今後は引出の一つとして、この技をお客様にご案内ができるかと思います。