京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

OTERA★DE2 桂・地蔵寺 京都六地蔵めぐり8/22・23

2018年08月12日(日)


お盆が過ぎれば、地蔵盆。


京都では8月中旬から下旬にかけて、

子供の無事安全成長を願う地蔵盆が催されます。





その地蔵盆は、
今回ご紹介する「六地蔵めぐり」に由来すると言われています。




「京都六地蔵めぐり」

毎年8月22日と23日の2日間、

と言われる京都の旧街道に安置された六体の地蔵尊を巡拝して、

無病息災や家内安全などを願う800年続く伝統行事です。


六体の地蔵尊は、以下の6つ。

伏見地蔵(大善寺)



鳥羽地蔵(浄禅寺)


桂地蔵 (地蔵寺)


常盤地蔵(源光寺)


鞍馬口地蔵(上善寺)


山科地蔵(徳林庵)



         ↑ 桂・地蔵寺 ↑


各寺で「お幡(おはた)」と呼ばれるお札を授かり、

お幡を護符として家の玄関や軒に吊るすと厄を祓い、

福を呼ぶと伝えられています。





桂地蔵の地蔵寺さんには、毎年前日に準備に伺っています。

ちなみに私の担当は、三宝の御供えのセットです。






米、かんてん、高野豆腐、ジャガイモに湯葉。

湯葉がお子様ランチの国旗みたいで面白いです。

昔からこの祀り方だそうです。





桂地蔵さんでは、寺周辺に夜店が並び、

22日の夜には演芸大会が催され大勢の参拝客で賑わいます。





夜の本堂は厳かで素敵。

お昼とは全く違う雰囲気です。





桂地蔵は、

平安時代初期に、小野篁(おののたかむら)が一度息絶えて明度に往き、

生身の地蔵尊を拝してよみがえったのち、一木より刻んだ六体の地蔵菩薩


の1つであると言われています。


また、半丈六の桂地蔵は木の最下部をもって作られたため、

他の五地蔵菩薩と比べると大きく、そこから「姉井地蔵」と呼ばれています。




お地蔵さんの両横の吊灯篭の存在感が◎ (自画自賛)



京都六地蔵めぐり

8/22、8/23

桂・地蔵寺

京都市西京区桂春日町9

阪急「桂」駅東口から徒歩3分


【追記】

22から23日にかけては夜通しでやっておられます。

いわゆる“オール”ですね。

お寺の方々は不眠不休です。今年の暑さは一層堪えますね。

ご自愛ください。