浄土宗 光明山 蓮香寺。ご本尊の阿弥陀如来像をはじめとする5体の仏像の造立、本堂内陣の荘厳に関ってきました。
京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
特別対談
蓮香寺住職 樋口誠順様×京仏商谷口社長 鶴島義和 特別対談
蓮香寺住職 樋口誠順様×京仏商谷口社長 鶴島義和
「寺院で仏様を荘厳する」 特別対談
蓮香寺住職 樋口誠順様×京仏商谷口社長 鶴島義和

 南北朝時代に創建され、川中島合戦の戦火にも屈することなくその歴史を紡いできた蓮香寺。現在も、地元の人びとの心のよりどころとして、たいへん親しまれています。

 住職の樋口誠順師は、鶴島義和社長にとって、心の師とも仰ぐ人。失火によって全焼した本堂を、檀信徒の力添えと、日々の努力の積み重ねによって再建した不屈の人でもあります。鶴島はそんなご住職の思いを受け、ご本尊の阿弥陀如来像をはじめとする五体の仏像の造立、本堂内陣の荘厳に関ってきました。

 緑が風にそよぐ爽やかな一日、二人は、ふだんは口に出さない自分たちの思いを語り合いました。

壱 弐 参 四
次へ
 
写真
浄土宗 光明山 蓮香寺 二十八世 
樋口誠順(ひぐち・じょうじゅん)様
昭和10年長野県生まれ。芝浦工業大学電気工学科、仏教大学文学部仏教学科に学ぶ。
長野県立長野工業高校で教鞭をとるかたわら、昭和39年より蓮香寺の28世住職となり、現在に至る。
写真
京仏商 谷口 代表取締役
鶴島義和(つるしま・よしかず)
昭和24年京都に生まれる。京都外国語大学イスパニア語学科卒業。昭和46年から大阪・南堀江の且R中大仏堂へ修行生として住込み勤務、3年間の修行生活を経験する。昭和49年 (有)京仏商谷口に入社し、実兄の谷口弘文と共に家業に専念。昭和63年谷口弘文死去(享年43歳)。平成元年代表取締役に就任。
平成14年株式会社に組織変更。現在に至る。
写真
蓮香寺
創建は貞治6年(1367)。京都・知恩院を総本山とする浄土宗の寺。長野オリンピックの際、ドイツチームのゲストハウスとなったことで一躍有名に。現在の本堂は昭和42年に再建され、平成5年に増改築されている。庫裏及び鐘楼門は明治初期の建築。
長野市川中島町原101 :026−292-1546