仏像は仏像を彫った人のかけがえのない分身のようなもの。
京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
仏像を彫る
仏師 林 清嗣(はやし・きよつぐ)
壱 弐 参 四
仏像を彫る
仏師 林 清嗣(はやし・きよつぐ)
仏像を彫るということ
仏像を彫る
仏師 林 清嗣(はやし・きよつぐ)

 仏像を彫るというのは、西洋の彫刻とはかなり違います。西洋の彫刻はいかに自分の個性を出すかが勝負。でも仏師は個性を出してはいけないのです。

 私が尊敬する仏師に、鎌倉時代の仏師で運慶という人がいます。仏像彫刻の革命児と言われる運慶は、貴族社会から武家社会へと、大きく変わっていく時代の中で、それまでの仏像の概念を根底からくつがえす、個性的な仏像をどんどんつくりました。

 しかし、その個性は決して個を主張するものではありませんでした。その時代を生きる人びとが、心の底からすがりたくなるような仏、 苦しみから救われるような仏とはどのような仏なのかを、運慶はひたすら模索し、その中からあの、精気に満ちた、躍動感あふれる仏たちが生まれたのです。私はそこに、日本の仏師の真骨頂があると思っています。

前へ 次へ