ひとりの職人が一生にひとつの工程しか極められないほど高度で繊細な技。
京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
京の仏具匠・谷口
京仏具とは
技の結晶
仏壇が完成に至るまで
生きている仏像
仏様の住まい
受け継がれるもの
京の仏具匠・谷口
仏壇は「手の技」の集大成。
多くの匠たちに
支えられています
技の結晶
 

 仏壇づくりの工程はきわめて複雑で、それぞれの工程に専門の職人がいます。その数約40以上。言葉を変えれば、ひとりの職人が一生にひとつの工程しか極められないほど高度で繊細な技が、仏壇には凝縮されているということなのです。

 仏壇づくりには大きく分けて「木地づくり」「木彫り」「漆塗り」「箔押し」「蒔絵」「彩色」「錺金具」「金属工芸」「仏像彫刻」の9つの部門があります。各分門の職人たちは、それぞれに伝わる伝統の技と知恵を、仏壇づくりに注ぎこむのです。

 ひとつの仕事に多くの職人が関ることになれば、全体をまとめるプロデューサーが必要になってきます。それが、「商部」と呼ばれる人びとです。商部は仏壇の全体的なイメージを企画し工部に依頼。完成した各部分を組み立て、仏壇の形にします。

 この工部と商部によって成り立っているのが、私たち仏具商の世界です。

前へ 次へ