京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

仏像修理のハ・ナ・シ19『基準寸法に合わせた改造 (全5回)

2008年04月19日(土)
完成度の高い阿弥陀如来像です。非常にいいお顔をされてます。(写真ではわかりにくいですが・・)
この度、お修理のご依頼があり、当社工房にやってこられました。

損傷具合は、お木仏は、指の欠損。

台座は、蓮弁の脱落と木寄せ箇所の遊離と剥落が、光背は数箇所剥落が見られました。

ですが、

そんなことよりも・・

この台座と光背は、実は別のもの。

正しくは、お木仏に対して光背は相応のもの(それでも若干小さめ)なんですが、

台座は全く寸法が基準と合ってません。仏さんに対して、台座が貧弱なのが写真でもわかります。

追記すると、光背と台座の彫刻の内容も違います。光背の雲渦上げ彫りは非常によく彫られています。 それに比べ、台座の内容は劣ります。

また、制作時期が違うことも判断できることから、

別の仏さんに使われていた台座を転用されたことは間違いありません。


転用するのに色々工夫をされているんですが・・・。(次回でご紹介します。)

写真:上 お木仏と台座・光背
写真:下 台座の蓮華上の足座
    (蓮華も基準より小さくて窮屈)

次回へ続く…


修理のハナシ検 峙榿羅大将像の修理」