京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

【niceですね!28 〜初登場★神代欅香合〜】

2012年07月05日(木)





当社の木地師が制作する香合をこれまで数多くご紹介してきました。


“黒柿、朴、楓、栃、椿、紅梅、一位、真桜、玉椿、神代楠”


数えてみれば、これまでに10種の国内産銘木で制作してきました。




木を厳選している上、入手難な銘木ばかりですので、

常時制作が出来る訳ではありません。




ちなみに、H24年7月5日現在、

楓(縮杢)、玉椿(虎斑)、神代楠、柿(縮杢)の香合がございます。




これらに加え、今回新たに制作しましたのが、


“神代欅”


意外と初登場なんですが、非常に良い仕上がりなので、早速ご紹介します。





神代(じんだい)とは、大昔に自然災害によって土中や火山灰などに

埋もれた木のことをいいます。


数百年から千年もの間、埋もれていた材は、

人工的な色付けでは決して表現できない独特な色に変化しています。








香合の直径は2寸2分。


この直径で、この目の詰まり具合★

なかなか入手の出来ない良材です☆







その独特な風合いを楽しんで頂くため、

木地(素地)仕上げとしています。



僕自身、かなり好みです。

良材ですので、かなりオススメですね。