京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

モノづくりの現場から11「彩色師の工房から」

2016年07月17日(日)


今日は彩色師の工房から。








只今、壁画を製作中。
金紙を張った板に、睡蓮に水鳥図を描いております。




いきなり本番という訳にはいかず、




まず下絵を描いて、修正を経て、最終OKが出れば、
金紙に下絵の型を写します。







そして、彩色・・・。









睡蓮の葉は、切れ込みがあるのが特徴です。蓮にはありません。


あと、蓮の葉は水をはじきますが、睡蓮ははじきません。





↑睡蓮(スイレン科)


↓蓮(ハス科)






↓蓮舫(ヒト科)




また、花弁は蓮と比べると睡蓮は細長く、
ハチスと呼ばれる花托が蓮にはありますが、睡蓮にはなかったり


よく混同されますが、全く異なる花になります。

描くほうも、これくらいのことは知ってなくてはなりません。



さて、間もなく仕上がります・・。