京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ22 「昨日の続き・・・」

2008年03月02日(日)
今日、彫り上がった台座と光背です。

塗り下の木地。木地仕上ではなく、この上から漆箔を施します。


昨日に登場した台座は東本山型。浄土真宗大谷派専用のお台座。
今日彫り上がったのと比較すると、台座がかなり簡略化。

最近は、このような丈の低い台座が増えました。
でも、僕はこういうのが好みです。


とは言え、これは在庫・・・。

お得意先から急ぎの注文が入る場合がありますので、定番のものは、彫り上げてストックしておきます。

ストックと言えど・・・

台座は定番のものだけで5〜6種類あって・・・

立像があれば座像もあるし・・・

宗派毎に光背が変わり、寸法毎に確保・・・

ストックするのも大変、目が¥になっちゃいます。


ですが、まだまだ純京製を頑なにこだわり続けます。



ブツネタ21 「伝えて残したいもの」
ブツネタ23 「出会い、そして再会★」