京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ348 「絵具の焼き加減」

2014年01月21日(火)




絵画材料店に行ってきました。



姉小路通麩屋町東入にある彩雲堂さん。

こじんまりとされてますが、歴史もあり、ご主人も奥さんもご丁寧です。







今回の御用は、岩絵具の仕入れ。



岩絵具とは、日本画材料として供給されている顔料です。


仏具や仏像においても、岩絵具は頻繁に使用しますが、

大きく天然と人工とに分けられます。



天然の岩絵具は、ラピスラズリ、孔雀石、辰砂など

様々な鉱石・貴石を砕いて作られます。




で、今回求めに伺ったのは天然の岩絵具の緑青。


緑青とは、銅が酸化されることで生成する青緑色の錆のことで、

絵具の場合はその色を指します。


ただ、通常の緑青よりも深く。

なかなか難しい表現です・・。





岩絵具は、焼くことによって色を濃くします。

その場で、ご主人が焼いてくださりました。






実際、この岩緑青を焼いていただきますと、






このように色が変わるわけです。

その微妙な焼き加減が大変難しく、なかなか難儀しましたが、

ご主人の心意気がありがたかったです。

京都には、ホント様々な職人さんがおられます。




なんでも天然は良い響きですが、

本物にこだわると材料を入手するのも大変です・・。