京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ314 「大日さんに截金を!」

2012年10月28日(日)



8月の末に、“彫りあがりました”でご紹介した大日如来像。


☆彫りあがりました★48 「老山白檀・大日如来像」




その大日さんもご縁を頂戴し、嫁ぐことになりました。


彫り上がりの際にも触れましたが、


腕に着ける臂釧(ひせん)、手首に着ける腕釧(わんせん)、

頭上の宝冠、胸飾りなど沢山の装飾品を身に着けるので、


截金(きりかね)の加飾をお勧めさせて頂きました。














白檀の仏さんには10年以上前でしたら、

截金での加飾と、金泥描きによる加飾が同じくらいの割合でしたが、


近年では、当社では截金をお勧めさせて頂いております。


金粉を膠水で溶いた金泥を筆で描く金泥描きと、

焼き重ねた金箔を切ったり、型抜きし文様を表現する截金ですと、


どちらも手間と技術のいる仕事になりますが、

取り扱いには注意が必要ですが、金の艶、線の均一さにおいて、

明らかに截金が秀でています。





特に希少である白檀材ですから、

素地で木の温かみ、素朴さを感じていただくのも良いと思いますし、


本来、金色(こんじき)のお姿をされている仏様を、

木地の個性も残したうえで、截金で金色を表現することが、



白檀の仏さまには最も適していると思います。