京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ421「厨子の木地が仕上がりました」

2018年04月03日(火)


厨子の木地が仕上がりました。

今回は扉なしの春日型厨子になります。



サイズはかなり大きめ。

浄土宗の身丈3尺(90僉砲琉ぬ鐶貿〕萠像を安置する厨子なので、

戸丈(柱丈)は5尺あります。






扉がない分、あっさり見えますが、


漆塗り、金箔、錺金具、彩色の加飾で重厚さは増します。


写真ではわかりにくいですが、

屋根の張り(幅)は5尺(150僉砲△蠅泙后


屋根のアールを出すには、カンナを使用しますが、



これだけ大きいとそれなりに時間が掛かります。






今回はサイズも大きいので、

正面は三間仕切りとし、脇は二間仕切りとしました。





連子は透かしで。

見た目の良さももちろんあるのですが、


側面からも灯りがもれて、内部の金箔がほんのり明るく・・・

そんな、相乗効果も狙えます。







隅をきれいに仕上げるために、取り外して仕事を進めます。




錺金具の型取りをして、早々に塗師の工房へ。

納期も間近。梅雨に入るまでには納めたいです。。