京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ137 「大切な時間」

2009年12月20日(日)




京仏壇の修復をご拝命を受け、先日得意先様に納めてきました。



写真は、仕立てている段階の写真です。





仕立ては、当社事務所奥にある工房で行いますが、

完成して先方にお届けする前に、蝋色師さんと箔押師さんが当社までやってこられました。



その目的は、 「仕上がりを見てみたい」 というもの。



漆塗りが上がれば、蝋色。  蝋色が上がれば、箔押し・・・というように

京都では全ての工程が分業化されていて、

最終の工程が完了後に、仕立て(組立)をして完成に至ります。




ですから、各職人さんは完成した状態を見ることが意外と少ないんです。



そこで、完成の姿を見にやってこられたわけです。


完成を見て、どのような仕上がりかを再確認。

職人さんにとっても、今後の参考になるのであれば、こちらにとっても大きなプラスです。



そんな職人さんの思いは非常に嬉しいことですし、

その場での会話のひとつひとつが勉強にもなったりします。




自分にとって、とても大切な時間です。