京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ262 「☆檀像・釈迦如来像完成★」

2011年12月11日(日)



白檀・座像の釈迦如来像。


以前にご紹介した身丈3寸5分のお釈迦さん。


☆彫り上がりました★ 「★超★透かし彫り光背と台座」

☆彫り上がりました★39 「THE・座像3寸5分」

ブツネタ238 「あの光背が・・・」



概ね完成に至っていたのですが、バタバタしていたので

台座の仕立てを保留にしていました。


仕事が落ち着いたので、

ようやくブログでアップできる運びとなりました。


まずは、台座・光背。





恐ろしく繊細な彫刻。

本来なら木地仕上げが当然なところですが、

漆箔仕上げに挑戦。









彫刻の良さを生かした漆箔仕上げ。



二重円光まわり、頭光の八葉だってこの通り★

これは、塗師さんの技術のたまものです。

ブツネタ238 「あの光背が・・・」





一方、こちらは台座です。




八角の古代型ですが、座像3寸5分用には見えません。

光背と同様に細部の彫刻はかなり繊細に出来ています。

蓮華は截金仕上げです。



そして、この台座に截金を施した阿弥陀さんを置くと・・・















今出来る当社の”最高のシゴト”を結集したのが、このお釈迦さま。

感慨深い思い出の詰まった作品となりました。