京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ219 「◆◇いざ洗浄地獄へ◇◆」

2011年02月25日(金)




寒い時期はなかなか億劫ではかどらないのが、洗浄作業。



最近ようやく暖かくなってきたので、そろそろ冬眠から目覚めなあきません・・。









これは、先だって引き取った仏具


こういった仏具は、錺金具を鋲を抜いて取り外し解体、


その後、薬品を使用し洗浄、汚れを落とします。





その後、木地師さんのもとで補修を施します。

僕が億劫になる“洗浄”作業はこういった汚れ落としの“洗浄”ではなく、




彫刻の下地除去作業のこと。

彫刻は、

“下地+漆箔”

か、

“下地+彩色”


の状態になっているわけで、

その下地を除去してやれば、

早い話、彫り上がりの状態に戻る訳です。






水に浸けて、下地を浮かせ、木地の状態まで戻す。


ですが、下地を浮かせるといっても、

“かさぶた”をめくるように簡単にはいきません。


少々時間が要ります。




このように木地の状態に戻すわけですが、

木地自体を傷めないように下地を除去しなければなりません。

木地を傷めると逆効果になります。



何故にこの作業を施すか・・・

それは、塗り膨れて仕上がることを避けるため。

修理をすると、

漆や金箔が塗り替えられ綺麗にはなるものの、

厚ぼったくなっているものをよく見かけます。

そういった仕上がりにならぬように心掛けているわけです。


これから約、2、3ヶ月は洗浄作業が続きそう・・。

暖かくはなりますが、これからは花粉との戦いだ・・・。