京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ268 「久々の経机制作」

2012年01月23日(月)





 甲反りの経机の木地が仕上がりました。






経机の制作は1年半ぶり。

前回の経机は幅1尺8寸でしたが・・


ブツネタ172 「経机完成しました!」




今回制作したのは、幅1尺2寸。

かなり小振りの経机です。





今回のは、甲板(天板)が反っていて、

格狭間が透かしになっています。


経机としては、定番ではありますが、

経机を京都で制作する機会が激減し、

近年ではほぼ量産品が流通しているというのが現状。






量産品には値段では太刀打ち出来ませんが、


その分、内容で理解を得るため、

木地師さんをはじめとする各工程の職人さんに頑張ってもらいます。






特筆する程ではありませんが、

ひとつひとつの仕事が丁寧に施され、





本体こそは、松材(紅松と一部姫小松)で制作しましたが、

管足部分は、強度をあげるために尾州桧を使用するなどの

見えない工夫を施しています。







小さな机ですが、以後の工程でも丁寧に仕上げていきます。