京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ34 「内刳り(うちぐり)」

2008年05月18日(日)
現在、修理進行中の木造・阿弥陀如来像。

分厚く塗り替えられた後世の修理によって、制作当初の状態から程遠いお姿に変わってしまった阿弥陀さん。

保存状態も悪く、木地の状態まで戻す復元修理を施すことになり・・・

漆・下地の層を除去し、解体すると… 

“内刳り”が施されていました。

【写真は解体・木地補修後のもの、内刳りは下の写真】

この像は、身丈8寸の立像。

この大きさで内刳り♪ なかなか手間を入れたはる♪♪


内刳りとは…

木像の内部を空洞にすること。
それにより、干割れを防ぐことができ、大きな木像の場合は軽量化も図れます。

玉眼は、多くの像に見られますが、この大きさでの内刳りはあまり目にかかれません。

写真は、木地の修理が完了し、塗師に依頼する直前の写真。

解体した際は、頭部はもちろん、玉眼ですので顔もこめかみ辺りで離れました。

残念ながら今回のお像にはありませんでしたが、内刳りされている場合、像内に納入品が入っている場合があります。

像内納入品はいずれ、【yomoyama】で取り上げたいと思っています。



ブツネタ33 「截金完成!!」
ブツネタ35 「こだわりの宝冠」