京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

Watakushi的2 「★ミウジュン★」

2007年10月22日(月)
私のカリスマ的存在のみうらじゅんさん。みうらさんは、多くの肩書を持ち、多方面においてご活躍ですが、無類の仏像好きでも有名です。

★★『見仏記』★★

仏像好きの方なら大抵の方はご存知なのではないでしょうか。
みうらさんと、いとうせいこうさんが、全国の仏像をみてまわる『見仏記』は、私も大好きな番組です。
私もこのブログで『見仏★記』と題して書き込んでいますが、その名の原点はここにあります。
おふたりのナンセンスなおふざけ会話の中に、我々業界人では発想し得ない発言が非常に驚きであり愉快なんですが、今まで相当数の仏像を見られてきたことで様々な見識もお持ちです。

みうらさんは、昨年12月に種智院大学の講演にも来られました。テーマは「仏像と私」。非常にフランクなみうらさんらしい講演でした。

実は、先輩にあたる東山高卒のみうらさん。
一緒にみうらさんと見仏するのが、私の夢の一つです。

写真上:『見仏記』のDVD
写真下:種智院大学でのみうらさんの講演


Watakushi的1「見っけた!檀像!」
Watakushi的3 「秋の古本まつり」