京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ325 「別製木瓜厨子★木地完成」

2013年03月21日(木)



厨子を製作しています。





何度も図面を訂正し、シンプルながら個性的。

本日、その木地が完成しました。







まず、目を引くのが猫足。

短足ながら安定したこの猫足は、





この厨子のポイントの核となる部分。

意図的にシンプルにした屋根に、この足が良いアクセントになっています。





強度を考慮し、足の部分は尾州桧で製作しました。






続いて、屋根です。




亀腹風のシンプルな形。  ※


※亀腹(かめばら)建築の基礎部分。ふっくらとした饅頭のように盛った部分のこと。




Cの部分が亀腹です。



このなだらかなアールと隅を木瓜にしているのも

今回の厨子の特徴でもあります。








隅が木瓜となりますので、扉も木瓜になります。

扉の接合部には、接ぎ手もしっかり行っています。







扉は軸廻し式の4枚扉。

奥行きに制限がある中での製作となったこの厨子は、

この後の加飾(漆塗り等)においても個性的な仕上げとなります。







こちらは床板。このあと塗師屋さんに渡る前に少し手を加えます。





床板の連子。きれいな仕上がりです★

そうそう、床板の材は姫小松です。











解体するとこうなります。

どのように仕上がるかは、また改めて・・。