京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ27 「ホワイトロータス」

2008年04月04日(金)
現在、大日如来像を制作中。

一般在家のお仏壇にご本尊として迎えられます。

仏さんは座像2寸5分。老山白檀材で彫り上げました。

その仏さんは只今、開眼彩色中。(髪と眼、髭を描きます。)


それより、一足先に蓮華の彩色が仕上がりました。

蓮華といえば、緑青の岩絵具を蒔き、蓮弁に金の筋を描く青(あお)蓮華が一般的ですが、

大日如来の場合は、白い蓮弁に金の筋を描く白(びゃく)蓮華を組み合わせることが通例。


金の筋は大概の場合、金粉を膠水で溶いた金泥を筆で描きますが、

今回は截金(キリカネ・・金箔を細片に切断し貼って模様を表す技法)にて仕上げました。

実は、金泥仕上にて依頼した蓮華でしたが、彩色截金師さんのご好意で、截金仕上にグレードを上げてくださりました。

金泥にはない、截金の金箔の輝き☆

ご好意に感謝☆☆


青蓮華の截金仕上


ブツネタ26 「仏師講演会」
ブツネタ28 「獅子の彫刻」