京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ415「ホーチミンから胸飾りの依頼」

2018年01月23日(火)



胸飾りのみの依頼を賜りました。




仏像の製作において、
菩薩像や明王像、天部像、如来で言えば大日さんなどには、
胸飾りが付きます。

頭に付ける方を宝冠、

胸元に付けるのを胸飾り、と呼んでいます。

こちらは過去に製作した観音・勢至菩薩像の勢至像の写真です。




今回は、胸飾りのみの製作を依頼されました。







胸飾りだけを依頼されるのは記憶にないです。。


蟲仏商谷口の創業者である祖父は仏師でした。

仏師吉岡宗雲の弟子になります。

その経緯で、弊社は専属の仏師も居り、

仏像関係のお仕事が、非常に多いのは言うまでもありません。



そのようななかで、

仏像の胸飾りのみのお仕事は、意外とありません。


それもそのはず、

今回の依頼は、海を越えて、ベトナムはホーチミンからのご依頼でした。



仏像の製作は地元で並行して製作中。

こちらがその像。
異国の香りがプンプンします。





仏像の雰囲気こそ違いますが、

色々と打ち合わせを重ねる中で、考え方で通じるところも多く、



基本的なスタンスである製作卸(仏具店さまからの依頼)と


大きな違いはないようにも思いました。



見ての通り、肌の露出が少ない衣の着方をされているのと、

予算を考慮して、このような形状の胸飾りをご提案をしました。

苦手な英語は翻訳ソフトを頼って・・。







あちらの仏像には、胸元に卍が入っているものが多いようで、



同じ瓔珞を下げるのでは面白みがないので、

瓔珞に卍を取り入れてみました。それがとても好評のようでした。


そして、

過去に修理した胸飾りの意匠を引用し、法輪を中心に入れました。








全てを手製作。
プレス製作のものではありません。

もちろん、ホーチミンの彼らもそれが前提の話。


繫ぎの玉は、もちろん天然石。

日本では結構、ガラスやPC玉が使われていますが、
天然石が当たり前だろうと。。

その辺りも含めて、納得することが多かったです



完成はこちら。





この卍に関しては、日本ではもちろんご提案しませんが、

あちらの仏像を拝見する中で、

必ずや喜んでくれるだろうというのが、バッチリはまりました。



その後、あちらで製作中の仏像も完成したようで、

仏像に胸飾りを付けた写真が送られてきました。







こちらでいうビンズルさんのような衣の仕上げ方です。





気にしていたサイズもバッチリうまくいきました。

日本でも拝見すると結構、

この瓔珞の長さが長かったり、短かったり気になるのがあります。





木地の時に舟型だった光背が、輪光になっているのが気になりましたが、

非常に楽しいお仕事でした。


ご拝命頂いたことに感謝。 カム、オン☆