京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ25 「この指と〜まれっ」

2008年03月28日(金)
って、とまれまへん・・・


お木仏でもっとも損傷の多い部分。

それは指。

在家用なら特にです。


この仏さんもその一例。

立像7寸の漆箔仏。

中指と薬指が折れてしまっています。


お仏壇の中に納まってると、暗くてなかなか気づきにくいんでしょうが、
折れたままにしておくのも何だか気持ち悪いもの。

お家のご本尊ですし、そんな場合は早く対処してあげましょう。


欠損した部分を誂えて固定し、古色をすれば完了。

あるのとないのとでは、大違いです。


ブツネタ24 「“お木仏”イン“お仏壇”」
ブツネタ26 「仏師講演会」