京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ40 「粋な仕事♪」

2008年06月12日(木)
ご縁があって、お修理のため、当社工房にやってこられた仏さん。


仏さんはお見せ出来ませんが、

阿弥陀如来像と、善導・法然の両大師像です。


お像も台座も光背も見ていて嬉しくなる位、きっちり手を入れられてます。

光背は、水煙の透かし彫り♪

台座の地擦りには、錺金具がきちんと打ってある♪

細部まで抜かりありません☆


中でも、この蓮華(写真:下)。

3躯とも緑青の彩色の上から、截金が施されています。

この金線の統一感と細さは、截金独特のもの。

金泥描きでは、なかなか表現できません。

ん〜♪ 粋だねぇ〜♪



ブツネタ39 「仏間がないので・・・」
ブツネタ41 「漆箔仏の肩つぎ」