京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ9 「彫刻する前に・・・」

2007年12月06日(木)
現在、十二神将像を年に1〜2躯のペースで制作しています。

そして年内に11躯目が完成に至ります。

上写真は、そのうちの1躯の塑像(そぞう)です。

塑像は、粘土でつくられたお像のこと。

図面を描き、材を木取りし、ノミを入れるのが通常の流れですが、より正確に彫刻するため、木彫の前に粘土で原形をつくる場合があります。

下写真は、図面と塑像の心木に麻紐を巻いた塑像の基礎です。

これに粘土を盛って、成形していくわけです。


実際、彫刻する前にこれだけのことをするのか・・・。

初めてその粘土で作られたお像を見たときは、驚愕したのを覚えています。

「さきに粘土でこしらえますわ」

・・・という何気ない仏師のひとこと。

そして、それは「良いもの」への追求なんだと確信しました。


ブツネタ8 「てっ・・手首が。でも惚れ惚れ。」
ブツネタ10 「この色なんでしょう・・・」