京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ362 「小判型の仏天蓋」

2014年06月12日(木)






小判型の仏天蓋が完成しました。




小判型の仏天蓋・・。


天蓋でいえば、ど定番でしょうか。




ど定番ではありますが、意外と制作機会も少なくて、


久々の製作となりました。












木地。









そして、彫り上がり。









そして、漆塗り上がり。












小判型の天蓋ですから、特別なことは出来ませんが、




八葉は岩彩色とし青蓮華にし、


地透き箇所は、通常は青色を塗ることが多いのですが、


青蓮華に対し、清廉潔白の白を表現し、岩絵の具の水晶末を蒔きました。



















あと、瓔珞ですが、


やはり、木製にこだわりました。













最後に納入取付後です。











小判型の仏天蓋・・。








製作機会が少なくなったのは、海外製品の台頭でしょうか。


オーソドックスな寺院仏具は、弊社は卸もさせて頂いておりますが、


見積りですら本当に少なくなりました。






京都で製作するのであれば、


やはり、それだけの思いと丁寧な工程と、仕上がりが要求されます。




?