京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

☆彫りあがりました★73「須弥壇格狭間の宝相華」

2020年07月09日(木)



彫り上がりました。




さて、今回は、ブツネタ449でご紹介した須弥壇の彫刻です。




こちらの須弥壇の格狭間に入る‟宝相華唐草”の彫刻。






正面が三間、脇が一間造りで、合計5枚。








10尺強の大きな須弥壇ですが、



この彫刻は、おおきなアクセントとなり、見せ場の一つにもなります。






図面は3種類ほど描いたうえで、今回選択したのがこちら。








糸のこ盤に乗せた状態ですが。


透かしの空間を出来るだけ多く取れて動きのある図としました。













シンメトリーで、彫りの強度も考慮し、華も5つ表現できていて



バランス良い彫りが彫り上がりました。






このあとは、下地、漆を塗り上げた後、金箔を押し、


金箔の上から淡く彩色を施す予定です。




存在感のある、須弥壇のグレードを上げる彫りに仕上げたいと思います。