京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ138 「木地修理が完了」

2009年12月26日(土)





ブツネタ134の続編です。







お預かりした恐ろしく緻密な彫刻が施された台座を、


洗浄して解体し、漆や下地を除去して、木地の状態に戻し、


損傷部に手を入れて、再度接合をし直しました。










蓮華は、おしり蓮華こと、踏み割り蓮華。


敷茄子には、法輪の透かし彫り。


獅子はとっても写実的。


反花、欄干、台輪の雲の彫り、全てが緻密できれいな彫刻。



しかしまぁ、よく彫れています。

下地を除去するのも結構な手間がかかりました。




この後は、塗師の手に渡ります。


彫りを生かしてね、塗師さん。