京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

掛軸修理のハ・ナ・シ2 『江戸前期作・大谷派三幅対修理』(全1回)

2015年01月06日(火)



仏壇のお掛軸の修理です。



写真はありませんが、なんせ素晴らしいお仏壇がございました。

その立派なお仏壇内に掛けられた真宗大谷派の三幅対のお掛軸が、

今回のターゲットです。




ご本尊





十字名号





九字名号



歴史を感じさせる本紙。

見た感じ、本紙は何度か修理されてるような。



そんな場合は、裏書きがあるか・・。



九字名号には無し。





十字名号にも無し。





ご本尊には・・・





おお、やはりありました。



さて、何て書いてあるのか・・。




「本願寺 ?一如」 とあります。

一如さんは東本願寺の十六代法主。

1679年〜1700年の21年間を法主に就かれていたので、

この期間(江戸時代前期)のものだということがわかります。






金線は、金泥でなく截金。














截金の金箔が、ところどころ剥落こそしていますが、

320年もの間よくぞ、ここまで保存してこられました。

博物館で保存するのとは訳が違います。



十字・九字名号の本紙にも損傷は確認できますが、







本紙の剥落の補作は行いません。 

オリジナルの本紙を生かし、軸修理を行います。




本紙をはがす工程です。





古い裂地は取り替えます。




上側の色の濃いところは、裏書き部分です。










折れて剥落した箇所には、短冊状の和紙を張っていきます。








こう見ると相当傷んでいたのがよくわかります。


そして、裏打ち。






裏書もこの通りです。






あと、この軸金具。

こちらは、修理をして再利用します。






あまりスポットは浴びないパーツですが、

昔のものは手作りのものが多く、


例えば、こちらのようなプレスの量産品を使用するのが多いようですが、



弊社では極力良いものは再利用します。



そして、完成です。

裂地は、外縁・内縁ともに本金です。
















ご本尊の裏側は、このように



裏書きを張っております。






さて、次の修理は何年先になるのでしょうか・・。