京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

☆彫りあがりました★65 「菖蒲巻き光背」

2016年05月11日(水)




彫り上がりました。




立像1尺用の台座と光背です。







台座は古代型です。


光背は、菖蒲巻き。




製作にあたり、お客様から菖蒲巻きという名称の由来をご質問を頂きましたが、
明確なお答えは出来ませんでした。


このように菖蒲が巻いています。







正式な名称なのか、通称なのか、よくはわかりません。

我々は真宗大谷派のこの光背を菖蒲蒔き光背と呼んでいます。


菖蒲が螺旋状にまわって、
蓮の蕾と巻葉と開葉も生えている感じ。


見慣れてしまいましたが、改めて見ると非常に特徴的な光背です。


奈良市の法華寺の十一面観音像の光背と少し似ていますかね。。


蓮の表現は台座や光背でも様々なところに用いられますが、

菖蒲の表現はなかなか無いように思います。


端午の節句でも飾られるように、厄除け的な意味があったのかも知れません。


もし、情報があれば教えて頂きたいです。




あと、その菖蒲巻きの上側の頭光部分。


48本の光芒が桶に取り付けられ、中央に八葉が付けられます。





この八葉なんですが、今回はこだわりまして、


お東用として使用される‟唐八葉(からばちよう)”としました。





必ずしも毎回この唐八葉で仕上げる訳ではありません。


ただ、今回は意図的にそうさせて頂きました。




では、この後は塗師さんにお任せしたいと思います。