京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

★合掌★手をあわそ19「黒檀三方練りと総桧の阿弥陀像」

2015年06月16日(火)



今日も無事に1日を過ごすことが出来ました。


日々感謝、ご先祖様にも感謝です。


そんな思いを込めて、ご本尊、お仏壇に手を合わせましょう。



さて、今回ご紹介するお仏壇とご本尊は・・・


本黒檀の三方練りのお仏壇。


お身丈6寸の尾州桧の阿弥陀如来像がご本尊。





☆彫りあがりました★57 でご紹介したシンプルながら

繊細で華麗な舟型光背の大仏座に安置させ、


総尾州(木曽)桧の木地仕上げでご納品させていただきました。






宗派は浄土宗。

引越しを機に、お仏壇を買い替えられ、

その際にご本尊を新しくお迎えになられました。






ご両脇の手描きの掛軸は、

本紙のみ残し、表装替えをして修理。





ご本尊の台座は、大仏座と呼ばれる低い台座のため、

溜(ため)漆塗りで仕上げた木製の台を誂え、少しかさ上げを行いました。





非常に美しい尾州桧。

5年か10年もすれば、時代色が付いて、また違った雰囲気になられることでしょう。




黒檀が持つ重厚さ、堅さ、どしっとした安定感の中に、

桧の阿弥陀さんが、優しくお家を家族を見守られる。


非常に良い組み合わせになりました。