京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ133 「岩絵具っていいよな☆」

2009年11月21日(土)



今日は、彩色截金師さんの工房へ。



お願いしていた台座の蓮華と、厨子の一部を受け取りに行きました。




5段葺きの蓮華には、岩緑青を蒔いて、蓮弁には截金(キリカネ)を施しました。








岩絵具の風合いと截金は、いつ見てもいい感じです☆



あと、こちらの厨子の連子(れんじ)にも岩緑青を蒔いています。







・・・で、白い部分にも岩絵具を蒔きました。


水晶末と似た感じですが、水晶末ではなくて「象牙」。

真っ白な水晶末にちょっとクリーム色が入った感じ。


岩絵具で粒子が粗いので、角度によってはキラキラ光る感じもあります。







画材屋さんでは天然岩絵具「象牙」と表記してあるものを購入したんですが、


ほんものの象牙?

象牙色ということなんでしょうねぇ・・・