京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ139 「靴と沓」

2010年01月08日(金)



これは先日、組合の香港研修旅行で購入した、



ビルケンの靴。 香港では約半額で買えました。





これは、独身時代に購入したトリッカーズの靴。



ウイングチップが特徴です。
小遣い少なくて、今じゃなかなか手が出ません・・・。





これは、学生時代に履いていたジョージコックスの靴。



ラバーソール・・・。
もう何年も履いてません。








じゃあ、これは・・・



こ、これは・・・ さすがに私物ではありません。



いわゆる浅沓(あさぐつ)と呼ばれる和沓(わぐつ)。

和沓(わぐつ)とは、古代から使用されていた日本風の靴のこと。

今でも、寺院・神社の儀式などで使用されています。



でも実際は、このサイズ。




座像5寸の弘法大師像用の沓です。

桧で彫り出し、黒漆を塗って仕上げました。



儀式において実際に使用されるものは現在、

漆器に見られる一閑張り(いっかんばり)で作られたものやPC製のものが主流のようですが、



昔は、木製(主に桐材)の漆塗りのものや皮製の浅沓
が使用されていたようです。