京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

☆彫りあがりました★71「久々の檀像阿弥陀如来5寸」

2019年11月20日(水)


彫り上がりました★


もう11月ですが、1月に日蓮さんの白檀3寸を彫って以来の白檀になります。 
白檀以外の仕事が入っていたとは言え、1年近く空きました。


こちらは嫁ぎ先が決まっていない阿弥陀さんになります。





京仏師作の仏像を常時見て頂けるのが弊社の強みです。

とは言え、

立像の6寸は敬遠がち。

仏壇の小型化というのも理由の一つではありますが、

できる限り多くの仏像を彫りたいので、
1つの6寸よりも2つの5寸といったところ。


そして、座像の確保も非常に厳しいです。





まだ何とか白檀の材はもっておりますが、

確実にカウントダウンに入っています。

国内の仏師が彫った檀像をご存じない仏具屋さんも多いはず。


なんとか、この路線を外れることなく、

日本はもちろん、
京都で作られている仏像を
いろんな方に知って頂くのが私の役目でもあります。


そのためには、私の良いと思える仏像を常時持っておく必要がある訳です。


買っていただかなくても、関心を持っていただくだけでも
モチベーションになるんです。