京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ97 「木仏お裏点検 〜お西の場合〜」

2009年02月08日(日)


浄土真宗では、お内仏のご本尊として迎えられる「阿弥陀如来」のお木仏を

ご本山において、“お裏点検”を受けることが出来ます。

たくさんの検査項目がありますので、

海外製品や量販目的で流通しているお木仏は、その対象とはなりません。


さて今回は、真宗本願寺派(西本願寺)のお木仏お裏点検について・・・


お西の場合、

「お木仏」と「台座」と「光背」のすべてが点検の対象となります。


お木仏は、お東と同様に

桧や松などの材に漆塗り・箔押し等を施した漆箔仏。

白檀や桧、榧などの材に、金泥描きや截金を施したお木仏に限られます。

台座は、

八角九重のご本山型

古様式の八角座(古代型)に限られます。

上から、

蓮華 (れんげ)
敷茄子 (しきなす)
華盤 (けばん、けまん)
角茄子 (かくなす)
反花 (かえりはな)
框 (かまち)
小足 (こあし)

を含む八角の台座ということになります。



こちらが、ご本山型。



こちらが古代型。

仏師さんやお店によって、多少の形状の違いはございます。


次に光背ですが、

頭光(ずこう)と身光(しんこう)からなり、

頭光(仏頭部の背後につく光背)は、

八葉を中心にした輪光に放射光のように光芒を配します。

身光(仏身部の背後につく光背)は、

全体として楕円につくり、

火焔や雲型、宝相華唐草の彫刻を施します。


点検の手続きが完了すれば、西本願寺・宗務所にて点検が行われます。

点検に通れば、お木仏の足駄(足ほぞ)と、



光背のほぞに、に御門主印が押印され、



証書の『木仏点検之証』が授与されます。

点検料(冥加金)は30,000円です。