京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ71 「尺八を持たせましょうか…?!」

2008年10月19日(日)
【写真:上】は貴重な老山白檀で…


現在制作途中、粗彫りの段階の・・・

・・・“★虚無僧像☆”?!


尺八を持たせ・・・

天蓋と呼ばれる深い笠を被り・・・

草履を履かせる・・・


貴重な老山の白檀、しかも座像で、虚無僧を彫ってほしい!?


・・・なんてお仕事があるはずもなく、


これは、真言宗で本尊に迎えられる大日如来像の粗彫り段階の写真。


尺八を持っているような構えは、金剛界の大日如来が結ぶ智拳印 。


深い笠を被っているように見えるのは、頭部に宝冠を乗せるので、木取りが余計に必要となるからで・・・。

≪大日如来像の写真はこちら≫


ちなみに虚無僧さんは【写真:下】。参考まで…。


次回も粗彫りネタをお送りしましょう☆★



ブツネタ70 「白毫珠ができました☆」
ブツネタ72 「ちょっと、ちょっと!」