京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ64 「拭き漆の今♪昔♪」

2008年09月19日(金)
あるご寺院の御詠歌額です。

納めてから、5年以上経ちますでしょうか・・・。

欅板に文字を彫って、拭き漆にて仕上げました。

拭き漆とは、漆を塗っては拭き取るという作業を何度も繰り返し、美しい艶を作り上げる技法です。擦り漆とも呼ばれます。


この御詠歌額は、お堂の外に安置されています。

漆は紫外線に弱いという短所を持っていますので、外に安置される場合は、

どうしても、漆の塗膜が劣化して、艶が無くなってしまいます。


そのため、その塗膜の層をより強固にするため、拭き漆の回数を増やして仕上げたのが、《下の写真》。納める前に撮影したものです。

パッと見、春慶塗りのような感じでしょうか・・・

フラッシュを点けての撮影です。フラッシュを点けないと春慶どころか

溜蝋色・・・?とさえ思わせる仕上がりです。

その春慶はたまた溜蝋色のような額が、今は《上の写真》に。 

まだまだ、艶のある拭き漆らしさが感じられます。

仕事の内容によって、その違いが正直に出てくる典型といえます☆



ブツネタ63 「続・京都で作る経机☆」
ブツネタ65 「チュンチュン♪鳥かごやおまへんか」