京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ31 「山号額の制作◆

2008年04月15日(火)
字を彫刻した後は、漆塗り、箔押しを経て、錺金具を取り付けて完成。

摺り漆によって深い色艶が出た山号額、より重みを感じます。


さて、当社が4年前に社屋を新しくした折に、看板(写真:下)を新しく作りました。

当社看板(板額)は、欅材で摺り漆仕上げ、文字は岩緑青を蒔いてます。


山号額も看板も、お寺やお店の象徴として、ずっと掲げられるもの。

それだけに、篤い想いが詰まった貴いものとなるでしょう。



ブツネタ30 「山号額の制作 
ブツネタ32 「京名所の蒔絵」