京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ272 「仏壇の修復★まずは金具外し」

2012年02月12日(日)



2月の中旬に差し掛かりましたが、外に出るとまだまだ寒く、

今日は昼から鼻水をすすりながらの作業となりました。



先日、お仏壇のご修復をご拝命頂きました。

初代の祖父が納めた京仏壇のご修復です。





祖父が納めたお仏壇の洗いは、3度目でしょうか。

4〜50年経過したお仏壇。

今回のお仏壇は最も状態が良いでしょうか・・。

板内は2尺7寸。





浄土型の屋根入り。

欄間は、雲に鳳凰の彫刻入り。

火灯障子、猫戸は京名所の蒔絵。

現在、当社にある京仏壇と同じ仕様。 いわゆる当社の定番です。




写真を撮ったり、検品したりで、

結局、金具は雨戸と障子分だけしか外せませんでしたが、

ピッチを上げて修復工程を進めていきます。