京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ193 「漆箔の阿弥陀さん完成★」

2010年12月17日(金)




漆箔の阿弥陀さんが仕上がりました。





身丈3寸の阿弥陀如来座像。

尾州桧材。 玉眼入りです。



☆彫りあがりました★30

ブツネタ189


で、途中経過ををご紹介しました。





漆塗りの後は、箔押しを施し、肌部には消粉(金粉)を蒔く。

螺髪には群青、生え際には白緑の色を入れ、

眉毛・髭を描き、唇には淡く朱を入れます。 






座像3寸です。

もっと大きな仏さんに見えるでしょ?

小さくたって玉眼入り。

とっても凛とした表情の阿弥陀さんです。







仏師さんが、丹精込めて彫り上げた仏さんを、

塗師さんが、仏師さんの意をくみ取って、彫り上がりの状態から
遠ざからぬように漆を塗り上げ、

箔押師さん、彩色師さんが仕上げてくれはりました。



台座、光背も仕上がってますので、次回ご紹介します。