京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

★合掌★手をあわそ21「ウォールナットの仏壇」

2015年12月02日(水)




お仏壇を納品してまいりました。




お仏壇は、ウォールナットのシンプルなお仏壇です。





ご実家のお仏壇は仕込み仏壇で、移動することは出来ないので
そこに祀られているご本尊のみを受け継ぎ、
息子さんのお家に新しく現代風のお仏壇を迎えるのにあたり、
この度、ご縁を頂きました。




ご実家の仕込み仏壇は、仏壇内にお厨子があり、
その中に、小振りな総丈15冂の金仏が祀られているとのこと。



金仏を引き続きご本尊としてお迎え頂くとしても、


総丈15僂箸發覆襪函△△泙蠅膨磴垢る・・・


・・ということで、


今回ご用意したのが、この仏台。




ご納品及び満中陰まで土日を挟んで1週間を切っていたので、


大急ぎでこの仏台を製作。


なかなか適当なウォールナット材がない中で

やはり、仏壇内の調和を考慮し、

矧ぎ合わせて、ウォールナットの四角の仏台を作りました。





前面と両側面の三方は、木目を合わし、

それなりに「谷口プライド」なお仕事を致しました。






納期と、お客様のご負担を抑えるために

凝った形状には出来ませんでしたが、

定位置からずれないために、天場にはサグリを付けることで転倒も防止。


色合いも違和感なく、高さもバランス良く、ご本尊を引き立てることが出来ました。








平面の絵像と違い、立体のご本尊はやはり存在感がありますね。