京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

【niceですね!25 〜玉椿・拭き漆・春日型厨子〜】

2011年03月29日(火)






さて、今日は少し珍しい厨子をご紹介します。







戸丈7寸の小型の春日型厨子。


そして三方扉です。





均整のとれた春日型厨子。


今回特筆すべきなのが、材質。




このお厨子は、






この材で制作してもらいました。

この材は、玉椿。



香合では、玉椿はなかなか好評でした。

【niceですね! 〜玉椿・虎斑香合〜】



虎斑(とらふ)、銀杢(ぎんもく)が特徴の玉椿。

光の加減でキラキラ輝くのが個性的な材です。



香合では、木地仕上げで制作しましたが、

今回は拭き漆で仕上げました。






扉や向板に虎斑がきれいに出ています。





通常、厨子などの仏具の多くは、

下地を施し、色漆を塗り、金箔を押すなどして仕上げることが大半。




ただ、一般在家の方の場合、

そういった仕上げの厨子は、意向に合わないという声をよく聞きます。




銘木で制作し、その独特な杢目を生かし、

木の温もりを感じることが出来る。


そして、

一般には流通しておらず、良い仕事がされたモノ。


そんな拘りを持たれる方もおられます。








材を選りすぐり、

時間を掛けて制作。




大量生産は出来ません。




材も貴重なので、同じものは出来ません。





そういったものを

少しでも提供できればと日々考えております。