京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ72 「ちょっと、ちょっと!」

2008年10月21日(火)
前回に引き続き・・・
今回も粗彫り段階の写真。


Q:この2躯のお像はいったい何・・・?? (4択です。)

 屮櫂奪廛魁璽鸚軌譟正二」
◆屮供Δ燭辰繊覆燭や・かずや)」
「アントニオホドリゴノゲイラ・ホジェリオノゲイラ」
ぁ屬修梁勝福ヽ催者を述べよ )」

《・・・しんきんぐたいむ・・・
 ・・・ポップコーンは、スキンヘッド・・・
 ・・・たっちは、童子体型・・・
 ・・・ノゲイラは、もっと筋肉質・・・》

 正解は、い痢屬修谿奮亜廚如ΑΑΦ技海弔箸燹ηΑ! 


     「☆正解☆」  ・・・なわけない!


・・・ユーモアはこれ位にしときましょう、ようやく本題へ・・・


この粗彫り段階のお像は、おわかりの通り「阿弥陀如来像」です。

二躯並べると、双子のような阿弥陀さんですが・・・

同じ阿弥陀さんの粗彫り段階でも、明らかに相違点があるんです。

それは、衣の肩のライン。

向って左側が、浄土宗、

向って右側は、浄土真宗本願寺派(西)の阿弥陀さんなんです。

真宗の大谷派(東)になると、これらとはまた違ってきます。

真宗の場合、御本山にて“木仏点検”が実施されていますので、

その際、衣の流れは数多い点検項目の中の一つに該当します。



ブツネタ71 「尺八を持たせましょうか…?!」
ブツネタ73 「鉄釘、いかんせん…」